スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い空の向こうに

Category : 映画 洋画 .た行 遠い空の向こうに
遠い空の向こうに [DVD]

"きれいだった"
"棒立ちで空を駆け抜けるのを見た"
"世界の至る所で誰もが僕と同じ物を見られた"

すべての始まりは、アメリカの10月の空を横切った人工衛星スプートニク。
後にNASAのエンジニアとなるホーマーはそれを見てロケット作りを決意する。

しかし、ホーマーがいる街では誰もが上空よりも下界に興味がある。
例えいつかは枯れるものだとしても彼の街では炭鉱がすべてなのだ。
その中でのロケット製作は笑いものにされるばかり。
だって、ロケットを作ってこの街を飛び出せる確立は100万分の1なのだから。

「私が不運な生徒達を信じていたら?」
「信じないと教えられません」

「信じろとは言わない。でもホーナーはあなたの息子よ」

それでもホーナーはとても幸せ者だ。
夢をしっかり見ててくれる人が傍にいたから。
特に母親とライリー先生の存在は計り知れないものがある。

「坑内は僕の人生じゃない」
「僕は宇宙へ飛びたい」

「今日ロケットを飛ばす」
「見に来てほしい」

「確かにブラウン博士は偉大だが、ヒーローじゃない」

そんな中で、唯一彼の夢に否定的だったのが父親だ。
しかし、それもやはりホーマーのことを考えてのこと。
そんな頑固で不器用な父親だが、ホーマーにとってはヒーローなのだ。
だから、どうしても直接見てもらいたかった。
自分と似ている父親だからこそ、見たら絶対にわかってもらえると思っていたから。

そして最後のロケットの打ち上げ。
このシーンには思わず鳥肌が立った。

ある程度の年齢になれば、夢の実現がそんなに簡単なものじゃないことぐらいわかる。
才能だったり努力だったり周囲の協力だったり、時には運も必要だ。
でも、高く高く昇って行くロケットを見ていると、そんな事いつの間にか忘れていた。
そして、もう一つ大切なことを教えてくれる。
夢の実現に必要なもの。
それは突き進んでいくこと。
どんな状況だろうと誰に何と言われようと。

2010-1107

今回の「ブログ DE ロードショー」は"遠い空の向こうに"でした。
私が作品を選ばせてもらいましたが、どうだったでしょうか。
この映画は邦題も素敵ですが、原題の"OCTOBER SKY"が原作"Rocket Boys"のアナグラムになってるんですよ。
いや~お見事ですね。
私自身も実は久しぶりの再見だったんですが、やっぱり大好きな映画です。
最後のシーンでは思わず涙が出そうになりました。
昔はロケットボーイズに感情移入してたんですが、今観ると父親の気持ちがよくわかります。
それにしても、なんで空とか宇宙ってあんなに魅力的なんでしょうかね。
流れ星のように綺麗に見えるスプートニクだって実は軌道を描く孤独な鉄の塊なのに。
でも、空を眺めていると"ここじゃないどこか"に連れて行ってくれる気がするんですよねえ。
ホーマーもスプートニクを見た時そんなこと思ったんじゃないかなあと。
個人的にはホーマーのロケットについて"何が知りたい?"って聞かれた時の"何もかも"が最高に好きです。
そして何といっても最後のロケットの打ち上げ!
今まで関ってきた人が空を見上げる姿は本当に最高です。
遠い空の向こう・・・あなたならその先に何を見つめますか?

私的評価 ★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

カレンダー
時計
プロフィール

たそがれピエロ

Author:たそがれピエロ
現在社会人1年目。
仕事に追われブログの更新もやや停滞気味。
そんな私の日常や趣味をだらだらと書いています。
最近は映画の記事が多め。

当ブログはリンクフリーですのでお気軽にどうぞ。

好きなアーティスト
・椎名林檎
・東京事変
・中島美嘉
・宇多田ヒカル
・富田ラボ
・Mariah Carey
・Sade
・Donny Hathaway etc...

好きな作家
・森博嗣
・東野圭吾
・村上春樹
・重松清 etc...

月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
カテゴリ
勝手に評価してます
リンク
お気に入りブログ
検索フォーム
メールフォーム




FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Thank you !!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。