スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマデウス

Category : 映画 洋画 .あ行 アマデウス
アマデウス [DVD]

モーツァルト 
私は君を殺した。許してくれ・・・。

神に愛された天才とその神に嫉妬した天才。
二人の天才に何が起こったのか。

物語のほとんどはサリエリの回想である。

彼は父親の死後、宮廷音楽家となる。
そこまでは、彼が神に求め思い描いた通りの人生であったはずだ。

しかし、そこにモーツァルトが現れることで崩れ始める。

「私の賛歌など望まぬなら、なぜ切望を与えた?」
「熱い欲求だけ与え、才能は下さらない」

サリエリのこの言葉はよくわかる。
彼がさらに悲劇的だったのは、モーツァルトに与えられたその才能を唯一理解できたことだろう。
彼には自分の才能はもはや見えず、見えるのは絶望的な才能の違いだけ。

彼だけが、五線紙に閉じ込められた小さな音符の彼方に至上の美を見ることができた。
そして、その美しさに魅入られ皮肉なことに彼の音楽を心底愛してしまったのだ。
やがて、それは嫉妬へと変わり狂気へ繋がっていく。

サリエリの人生にモーツァルトがいたこと。
モーツァルトの人生にサリエリがいたこと。

二人の人生が狂ったのはきっとわずかなことなんだろう。
音符一つ変えるだけで破綻が生じるように。
楽句一つで曲全体が壊れるように。

1003

今回の企画の作品は「アマデウス」でした。
この映画を観るのは2回目だったりします。
実は音楽の授業で昔観たんですよね。
かなり長い映画なので数回に分けて観てました。
最初は適当に観ていたのが、2回目の授業から自分も含めクラスのみんなが真面目に観ていたのが印象に残ってます。
それからだいぶ経ってからの鑑賞でしたが、長さも感じることなくあっという間に終わりました。
音楽は言うまでもなく、配役からオペラの舞台に至るまでとにかく完成度の高いことに改めて驚きました。
フィクションも混じってますが、それを忘れるぐらいのめり込める作品でした。
映画のタイトルを「アマデウス」にしたのも上手いなあと思いました。

私的評価 ★★★★★

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

カレンダー
時計
プロフィール

たそがれピエロ

Author:たそがれピエロ
現在社会人1年目。
仕事に追われブログの更新もやや停滞気味。
そんな私の日常や趣味をだらだらと書いています。
最近は映画の記事が多め。

当ブログはリンクフリーですのでお気軽にどうぞ。

好きなアーティスト
・椎名林檎
・東京事変
・中島美嘉
・宇多田ヒカル
・富田ラボ
・Mariah Carey
・Sade
・Donny Hathaway etc...

好きな作家
・森博嗣
・東野圭吾
・村上春樹
・重松清 etc...

月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
カテゴリ
勝手に評価してます
リンク
お気に入りブログ
検索フォーム
メールフォーム




FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Thank you !!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。