スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ・ウェンズデー

Category : 映画 洋画 .は行 ビッグ・ウェンズデー
ビッグ ウェンズデー [DVD]

マット、ジャック、リロイの3人は毎日サーフィン三昧だった。
そんな彼らは周囲からも一目置かれる存在。

「いつだって一人さ。それが波乗りさ。頼れるのは自分だけ」

確かにサーフィンはそんなものかもしれない。
しかし、この言葉は若さゆえに言える言葉であることに彼らはまだ気づいていない。

「故郷では若いことって大人になるまでの状態。でもここではすべてなのよ」

若さだけがすべてだったあの時代。
大人になることに必死に抵抗したあの瞬間。
そして、いつもみんながいたあの場所。

彼らの青春のすべてがそこにはあった。

しかし、彼らも時代の波には逆らえない。
時代の波は容赦なく押し寄せ、彼らの青春を押し流す。

南のうねり、西のうねり、北のうねり。
カリフォルニアの四季の波と共に彼らも変わっていく。

波に上手く乗れず、ぶらぶらと漂う者。
波に乗ったはいいが、いつの間にか遠い所まで来てしまった者。
そして、波に押しつぶされた者。

彼らは、酒に溺れ、かつての恋人を失い、戦場で死んだ。
こうして、傷つき、迷い、立ち止まり、忘れながら大人になっていく。

消え行く青春の中で、やがて訪れる偉大なうねり。

「何もかも押し流すどデカい波だ」

伝説の大波であるビッグ・ウェンズデーの到来。
すべてのケリをつける時がきたのだ。

「大事なことなんてそう多くはない。一番大事なのはお前たち3人の気持ちさ」

そう、大事なことなんてそう多くはない。
だからこそ、3人は再びやってきて、そして、また別れる。
そこに、言葉や理由はいらない。
もう彼らは大人になったのだから。

0620

遅ればせながら、今回も「ブログ DE ロードショー」に参加させてもらいました。
今回の作品は「ビッグ・ウェンズデー」初見の映画であります。
もしかしたら、この企画がなければ観ることはなかった作品かもしれません。
率直にまず思ったことは、流れてくる音楽も含め時代を感じる映画でした。
そして、マット達の馬鹿騒ぎっぷりが何ともダサイ!
それでもああいう馬鹿騒ぎはやってる時は楽しくてしょうがないんですよね。
あの今しかないって感じがまさに青春といった感じがします。
後半部分からは、前半の馬鹿騒ぎっぷりが懐かしくなるほど、センチメンタルな気分になりました。
ちょうど今年就職して、一気に地元の友達と連絡をとることが少なくなったので、
私もちょっとずつ大人になってるんだなって感じがして。
そういうこともあり、楽しみながらも結構しんみりしちゃいました。
あと、これからの季節にはぴったりの映画ですね。
サーフィンやったことないですが、ちょっとやりたくなっちゃいました。
見た目だけはサーファーみたいに焼けちゃってるんですけどねえ。
私の場合はサーフィンなどではなく、単に先輩達に混じって草野球してたらそうなったのですが。(笑)
ちょっと最後に話が逸れましたが、今回も楽しく鑑賞させて頂きました。
次回の企画も楽しみにしています。

私的評価 ★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

カレンダー
時計
プロフィール

たそがれピエロ

Author:たそがれピエロ
現在社会人1年目。
仕事に追われブログの更新もやや停滞気味。
そんな私の日常や趣味をだらだらと書いています。
最近は映画の記事が多め。

当ブログはリンクフリーですのでお気軽にどうぞ。

好きなアーティスト
・椎名林檎
・東京事変
・中島美嘉
・宇多田ヒカル
・富田ラボ
・Mariah Carey
・Sade
・Donny Hathaway etc...

好きな作家
・森博嗣
・東野圭吾
・村上春樹
・重松清 etc...

月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
カテゴリ
勝手に評価してます
リンク
お気に入りブログ
検索フォーム
メールフォーム




FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Thank you !!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。