スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊をめぐる冒険

Category : 本・雑誌 小説 .ま行 村上 春樹
羊をめぐる冒険 (上) (講談社文庫)

「羊のことよ」
「たくさんの羊と一頭の羊」
「羊?」
「うん」
「そして冒険が始まるの」

そうして、僕は美しい耳の彼女と羊を探すことになった。
やれやれ。
僕はきっと自分が何を探すことになるのかまったくわかっていない。

でも、たぶんそれは誰だって一緒だ。
それがわかっている人がどれだけいるだろうか。

"キー・ポイントは弱さなんだ"

「風の歌を聴け」から続くこの物語は"僕"と"鼠"の物語だ。
自分はどうしようもなく弱いと言う鼠。
それに対して、人はみんな弱く強い振りをしている人間がいるだけだという僕。
私はたまらなく鼠が好きだ。
行き場のない一般論を振りかざす僕よりもずっと。

二人が再会した時、羊をめぐる冒険は終わる。

世の中に失われないものがあるのか。
本当は強いふりをしている人間がいるだけなのか。

冒険の先でこの答えがわかるかもしれない。
しかし、覚悟が必要だ。
それは、すべてを失い、自分の弱さを知るということなのだから。

「もう終わったんだね?」
「ある意味ではね」
「歌は終わった。しかしメロディーはまだ鳴り響いている」
「あんたはいつも上手いことを言うね」
「気障なんだ」

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

初期3部作の完結ともなる長編作品です。
この作品を読む前に前の2作は絶対に読んでおいたほうがいいです。
そして、前の2作を読んだなら、この作品も絶対に読んでおくべきです。
前の2作までで散りばめられていたものが、この作品で繋がります。
ストーリー性を帯びていて不思議な世界に一気に引き込まれます。
何もかもが不思議なんですが、こうじゃないと成り立たない物語なんですよね。
終盤の雪崩れ込むような展開は圧巻。
どうしようもない切なさが読んだ後もずっと残る作品です。

私的評価 ★★★★★



時は死に絶えていた。死に絶えた時の上に音もなく雪が降り積もっていた。

「俺は俺の弱さが好きなんだよ。苦しさや辛さも好きだ。夏の光や風の匂いや蝉の声や、そんなものが好きなんだ。どうしようもなく好きなんだ。君と飲むビールや・・・」

鼠はそこで言葉を呑み込んだ。

「わからないよ」

僕は言葉を探した。しかし言葉はみつからなかった。僕は毛布にくるまったまま暗闇の奥をみつめた。



スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

風の歌を聴け

Category : 本・雑誌 小説 .ま行 村上 春樹
風の歌を聴け (講談社文庫)

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

この冒頭を見た時、おそらくこの小説は恐ろしく不毛なものなのだろうと思った。
そして、実際にそうだった。
ちなみに、これは褒め言葉である。

基本的には、僕と鼠とそして、女の子の話だ。
ストーリーなんて立派なものはない。
本当は最初から何もないのかもしれない。
何かあるとしたら・・・風。
ただ傍にふっとやってきて、そして静かに去っていく。

それを感じることが出来れば良かったのに。
あるいは、その風のために何かが書けたらどれだけ素敵だったろうか。
なぜ、色々と余計なことを考えてしまうんだろう。
いつから、風の歌を聴けなくなったんだろう。

私が最初にこの本を読んだときはまだ大学生にもなっていなかった。
季節は夏。特に何をするでもなくビールを飲む。どこかの女の子と。
これから吹いてくる風なんて少しも気にしてなかった。

それから何度この本を読み返しただろう。気づいたら大学生を通り越して社会人になっていた。
季節は冬。特に何をするでもなくビールを飲む。たぶん一人で。
あの頃吹いていた風はどこにいったんだろう。

2010-1218

最近、映画「ノルウェイの森」が話題になっていて、また最初から読みたくなったので読了。
夏の終わりか一年の終わりに読みたくなる作品ですね。
最初読んだときはとてもクールで格好いいと思いました。
ストーリー性なんてないのだけど、乾いた文章で一つ一つの台詞が洒落てて良かったんです。
でも、読んでいく度に影みたいなものをすごく感じます。
僕と鼠のやり取りが、どうしようもなく悲しくて切なくて。
氏は、今いる世界から連れ出すのが上手い人だなと思います。
あたかも、その世界で自分がそういう体験をしてきたかのような。
そして、それはだいたい何かを失って戻ってくる体験です。
その"喪失感"を味わうことで、本当に自分にとって大切なものが浮き彫りにされてくるというか。
私はよくそういう感覚に陥りますね~。
まだ読んだことのない人は、やはりまずはデビュー作の本作ですかね。
後の作品に繋がってくる作品でもあるので。
量も少なく、1~2時間でさくっと読めてお勧めです。
あと、デレク・ハートフィールドについて調べてみると面白いことがわかります。

私的評価 ★★★★★



「・・・強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。」
「ひとつ質問していいか?」
僕は肯いた。
「あんたは本当にそう信じてる?」
「ああ。」
鼠はしばらく黙りこんで、ビール・グラスをじっと眺めていた。
「嘘だと言ってくれないか?」
鼠は真剣にそう言った。





テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

新釈 走れメロス 他四篇

Category : 本・雑誌 小説 .ま行 森見 登美彦
新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

表題作でもある「走れメロス」で出てくる破廉恥極まりない桃色ブリーフは一切無視して、
ここでは「桜の森の満開の下」に目を向けてみる。

桜の森の満開の下では、花見の宴が張られている。
みな酒を飲み、陽気に騒ぎ、桜の花弁が舞うのを見て美しいと言う。
果たして桜の美しさを分かっている者がここにいるだろうか。
宴は夜通し行われ逃げ出す者は一人もいない。
こうして、今宵も桜の森の満開の下にある秘密を押し隠す。

辺りには誰もいない。
朝の凍りついたような空気。
あらゆる音は消え、耳を塞ぎたくなるほどの圧倒的な静けさ。
あるのは、満開の桜の森だけ。
そのあまりの美しさに怖れを覚える。
美しいものに抱く感情は怖いのそれに良く似ていると思う。
とにかく、そのまま逃げ出したいがもはやどうしようもできない。

これは、別に桜に限ったことではない。
女性でも文章でも。
美しすぎるものは怖いのだ。そして、必ず秘密がある。

もし、桜の森の満開の下にある秘密が孤独であったのならば。
いつまでも一人でそこに坐っていることができる虚しさはきっと誰にも分かるまい。

0708

中島敦『山月記』
芥川龍之介『藪の中』
太宰治『走れメロス』
坂口安吾『桜の森の満開の下』
森鴎外『百物語』

これらの名作を"新釈 走れメロス 他四篇"として一冊に綴っています。

「夜は短し歩けよ乙女」が予想以上に面白かったので2作目に挑戦。
今回も京都が舞台。
才能を無駄遣いし、確実に進むべき方向を間違った大学生たちの話が繰り広げられます。
一番印象に残ったのは、「桜の森の満開の下」。
この中で唯一原作を読んだことがなかった作品というのも大きかったかもしれません。
といっても他の作品も国語の教科書に載ってたやつを昔読んだなあぐらいなので、内容をしっかり全部覚えていたわけではないです。
ただ、全部原作を読んでいたとしても、一番良かったのは「桜の森の満開の下」と思ったでしょうね。
こういう雰囲気も書けるんですねえ。
美しさとと虚しさだけが残る話でした。
「山月記」との対比がまた切なくて良かったです。
「走れメロス」は今まで通り森見ワールド全快でかなり笑わせてもらいました。
まったく、よくここまで馬鹿馬鹿しく出来るなあと。(誉め言葉)
「俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ」にはやられました。(笑)

森見氏は、『名作は我々の妄想を誘発し、「俺に挑んでみろ」と我々に迫るものである。』と言っています。
森見氏の妄想が生んだ新釈走れメロス他四篇。
とにかく面白かったです。
原作は青空文庫などで読めるのでこれを機会に原作を読んでみるのもいいですね。

私的評価 ★★★★★




「あなたは疲れているのね。私も疲れているの」
「しばらく仕事を休んで京都へ来ましょうか」
「それもいいな」
「なぜ窓を開けているの?」
「桜が満開だから」
「見にいきましょうか」





テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

Story Seller

Category : 本・雑誌 小説 その他
Story Seller (新潮文庫)

この世界には、「読む」側の人間と「書く」側の人間がいる。

物語を書ける人間はひたすらに書く。自分が一番だと思う物語を書けるまで。
それは、とても贅沢で孤独な作業で、そのぐらいこの世界を知るには時間がかかる。

逆に読む側の人間は物語をひたすらに読む。自分が一番だと思う物語に出会うまで。
それは、とても楽しく難しい作業で、そのぐらいこの世界には無数の物語がある。

すべての物語には、始まりと終わりがある。
しかし、意地悪なことにその長さは誰にもわからない。
だから、限られた時間の中で考える。
どんな物語を書こうか。どんな物語を読もうか。
行き着く先は、みんな似たような物語なのかもしれないのに。
そんなことを考えながら、今日もきっと誰かが作った物語の中で生きている。
今日もきっと世界中の人を自分の作った物語に巻き込んでる。
結局、この世界はそのぐらい単純なもので、だからこそ面白いのかもしれない。

0530

面白いお話、売ります。と何とも興味をそそられるフレーズに期待大で読み始めました。
7人の作家さんによる、非常に読み応えのある豪華なアンソロジーでした。
伊坂氏、有川氏、道尾氏、本多氏は過去に作品を読んだことがある作家さんでした。
その他の作家さんは今回読む作品が初めてでした。
7つの短編は独立した話なんですが、全部読んでみると不思議と一つのまとまった長篇を読んだ気分でした。
そのぐらい7つの話のバランスが絶妙。
中でも、物語の核となっているのは、表題作の有川氏の「ストーリー・セラー」。
短編であそこまで引き込まれたのは、久しぶりでした。
この話があることで、すべての物語の深みが増します。
個人的には、有川氏以外の作品では、道尾氏の「光の箱」が良かったです。
米澤氏の「玉野五十鈴の誉れ」は結末が予想外で、違う作品もちょっと読んでみようかなと思いました。
つまみ食い感覚で読むには、少々ボリュームがありますが、損はしないと思います。
現在は早速vol.2を読んでます。

私的評価 ★★★★★



「君は翼を持ってるよ。俺は君が飛んでるところを見てみたい」
「ホントにあたしが飛べると思う?」
「ああ」
「あたしが飛ぶところをあなたは見たいと思う?」
「ああ」
「・・・じゃあ、今書いてるのがそれの締切りに間に合ったら出してみる」
「ホントに!?」
「でも約束して。あたしが飛べなくても、あたしの小説を好きでいてね」
「飛べても飛べなくても君は何もなくさない。俺は一生君のファンだ」




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

千年樹

Category : 本・雑誌 小説 .あ行 荻原 浩
千年樹 (集英社文庫)

大きな楠木の萌芽から落枝までの8つの物語を綴った短編集。

木の名前は「ことりの木」。漢字で書くと、子盗りの木。
名前も不気味だが、それ以上に背筋が寒くなるほどの大きな木。

当たり前だが、木は生物である。
地表と地中のあらゆるものを吸い尽くして肥大を続け、恐ろしく長い寿命を獲得する生き物。
それに比べると、人間なんてものは小さくて、ひ弱だ。

吹き渡る風が木々の葉を騒がす音。
あれは、いつの時代も同じことを考え、同じ過ちを犯す人間のことを嘲笑っているのではないだろうか。
それでも静かに佇んでいるのは、そんな愚かな人間を意外と気に入っているのかもしれない。

しっかりせよ。ここを登れば、きっと――。

暗く、救いようがない話の連続にそんな思いを持ちながら読み進めていく。
しかし、暗いトンネルの出口は見えない。どこまでも続く樹海を見たような絶望感。

木がまた笑う。どうせまた同じことのくり返しだよ、と。
今度は、吹き渡る風が木々の葉を騒がす音が、どこか哀しく切なく響いた。
千年樹が見てきたもの――。
それは、愚かで愛おしい人間たちが、時空を超えてくり返す営み。

0323

以前「噂」を読んでそのラストに衝撃を受け、そこから氏の作品を読むようになりました。
この作品は、ちょっと読むタイミングを間違えたかなあという感じでした。
軽く読める本じゃなかったので忙しいこの時期にはあんまりでした。
しかも、全体的にダークな話ばかりで、どの物語の結末もあまり後味が良いものではありませんしね。
しかし、内容は悪くはなかったです。構成も巧いですし、過去と現在の対比も良かったです。
むしろ、今までと違った雰囲気でより好きになりました。
人間たちの木をめぐるドラマとありますが、押し付けがましい感じはまったくせず、そこが良かったです。
本当に木はそこにあっただけなんだといった感じです。
その分、物語がリアルに感じられ余計に重く切なく響いてきました。
特に、郭公の巣の話の最後。かなりぞくっと来ました。自分が想像した通りじゃないことを願います。。。
私の中では好評価の本ですが、読むのは結構気合いれて読まないといけないかもしれません。

私的評価 ★★★★★



もし生まれ変われるのなら、女郎に売られる小作の娘は嫌だ。
いっそ木に生まれ変わったほうがましかもしれない。
生まれた時から同じ場所に立ち、何事もなく静かに日々が過ぎ、同じ場所で朽ち果てる。
なんと幸せなことだろう。




テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

カレンダー
時計
プロフィール

たそがれピエロ

Author:たそがれピエロ
現在社会人1年目。
仕事に追われブログの更新もやや停滞気味。
そんな私の日常や趣味をだらだらと書いています。
最近は映画の記事が多め。

当ブログはリンクフリーですのでお気軽にどうぞ。

好きなアーティスト
・椎名林檎
・東京事変
・中島美嘉
・宇多田ヒカル
・富田ラボ
・Mariah Carey
・Sade
・Donny Hathaway etc...

好きな作家
・森博嗣
・東野圭吾
・村上春樹
・重松清 etc...

月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
カテゴリ
勝手に評価してます
リンク
お気に入りブログ
検索フォーム
メールフォーム




FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

Thank you !!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。